なぜ外国人力士は日本語を上手に話すことができるのか?

  最初の法則は「1曲を選択する」法則です。

1曲を選択するとは?どういうこと?
または勘の良いあなたならもうお分かりかも知れませんが・・・・・

そうです。
英語の曲を1曲だけ選択するのです。
英語の曲を1曲選択するだけ?

はい。そうです。英語の曲を1曲選択するだけです。

ただし条件が2つあります。
条件①:あなたが好きだなーと思える曲
条件②:バラード(ゆっくりしたテンポ)の曲調

条件①のあなたが好きだなーと思える曲は何故かと言いますと、興味を持続させる為です。

あなたがよっぽど英会話勉強が好きでない限り、与えられたテープや CD では必ず「英語耳」になる前に飽きがきてしまうか、勉強色=努力論のような形態で英会話マスターになろうとします。

条件②のスローバラードの曲調というのはこの後の法則でも必要になってきますが、重要です。非常に聞き取りやすく、書き取りやすいのが特徴です。

ロック調やヘビメタ調、パンク調、ユーロビート調、ラップ調など色々ありますが、音楽の部分が邪魔をして非常に聞き取りにくくなります。
これは「英語耳」になっても聞き取りにくい状態ですから尚更です。
日本語の曲でも激しい曲は日本語が聞き取りにくいですよね。
あれと同じ現象です。

しかし、俺はロック調が好きだ!わたしはヘビメタ調でなければ絶対駄目!という方は音楽関係に進んで下さい。
あくまでペラペラ英会話マスターになる為、あなたの英語耳を作る作業が第一優先です。

もちろんプライベートで聞くのは何の問題もありませんよ。
元々バラード調が好きな方であれば良いですが、ロック調が好きな方やヘビメタ調が好きな方でもその歌手が歌っているバラード調のような曲もありませんか?

いずれにしてもペラペラ英会話マスターになる為に、与えられた CD やテープでは色々な弊害がある為に「英語耳」になるのは難しいのです。

あなたに興味があり、しかもバラード調のゆっくりとした音楽を探してください。
実は当時のわたしは英語の曲?と疑問を持ちましたが、今になってみると非常に効果的なことがわかりました。

我々にも馴染みが深い外国人力士達が様々なインタビューなどで非常に日本語をペラペラ話すことに疑問を持ったことはありませんか?

 当時のわたしは知る由もなかったのですが、彼らはなんと日本語の曲を歌って日本語をマスターしていたのです!
彼らが選んでいた曲も日本語のゆっくりした曲だそうです。
(バラードかどうかは分かりませんが)

しかも相撲の練習でほとんど時間が取れない彼らが・・・・・我々は外国人力士よりも時間は取れるかもしれませんが、それでも短期的により効果的にペラペラ英会話マスターする為には英語の曲を1曲選択して欲しいのです。

わたしも当初はどの曲が良いか悩みました。
当時色々な日本人の友達にも聞いて見つけたものがいくつかありますのでご紹介します。
最新の曲ではないのであしからず・・・・・

歌手名:ベッド・ミドラー(Bette Midler)
曲名:ザ・ギフト・オブ・ラブ(The gift of love)

歌手名:10CC
曲名:アイム・ノット・イン・ラブ(I’m not in love)

歌手名:ジョン・レノン(John Lennon)
曲名:イマジン(Imagine)

歌手名:セリーヌ・デュオン(Celine Dion)
曲名:マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(My heart will go on)

歌手名:バック・ストリート・ボーイズ(Back Street Boys)
曲名:ハウ・ディド・アイ・フォール・イン・ラブ・ウィズ・ユウ(How did I fall in love with you)

歌手名:フォー・イグザンプル(ⅣXample)
曲名:アイ・ド・ラザー・ビー・アローン(I’d rather be alone)

歌手名:エルビス・プレスリー(Elvis Presley)
曲名:マイ・ウェイ(My way)

当時はもっと色々探しましたが、最終的にわたしが選んだ曲はベッドミドラーのザ・ギフト・オブ・ラブという曲でした。
ベッドミドラーは女優としては知っていたのですが、歌手としては正直あまり知りませんでした。
自分の中では女性よりも男性を選びたかったのですが、一番気に入った曲だったという気持ちを大切にして選択しました。

先程からわたしは歌手名も曲名もカタカナ表記をあえてしていますが、非常に違和感がある作業です。

あなたも英語が上達してきたら、このカタカナ表記に非常に違和感を持つことでしょう。

あなたはわたしが紹介した曲を選択する必要はありません。これはあくまでわたしのお勧め曲です。

それではあなただけの大好きなバラード曲を1曲選択して下に書いて下さい。


サブコンテンツ

このページの先頭へ