幸運なあなたへ!英語の勉強の前に日本人であることに感謝しよう

 「世界が100人の村だったら」をご存知でしょうか?もしまだなら一度、次の文章を読んでみてください。
もし世界が100人の村だったら

この文章を読まれたあなたは何を感じたでしょうか?

我々日本人はとかく日本人である「凄さ」を忘れがちです。
「日本人であること」は実は世界から見ると本当に本当に稀なことで凄いことなのです。

あなたは既に世界で上位8%に入る裕福な人なのです。

もっとも日本人全員が世界の上位8%の裕福な民族です。

わたしは以前、アメリカのある黒人の居住地域、いわゆるスラム街に行ったことがあります。

理由は MBAカリキュラムの中で黒人経営者をバックアップする企画が持ち上がった為です。

車から降りてスラム街を少し歩いていると、そこにはゴミ箱をあさる8歳と5歳の兄弟がいました。
その兄弟に「何故ゴミ箱をあさっているの?」と聞くと、お兄ちゃんらしき方が、「食べ物を探している」と答えました。

わたしはこのアメリカで食べ物を探している子供に出会いショックを受けました。

あの先進国アメリカです。
「何故食べ物を探しているの?親は?」とわたしが聞くとそのお兄ちゃんは「お父さんは3年前に殺された。お母さんはその後いなくなった・・・・・」と別に悲しんでいる様子もなくたんたんと答えていました。

彼らのような孤児はたくさんいます。
彼らはアメリカ政府から食料券というものを支給され、スーパーなどでそれを交換して飢えをしのいでいます。

しかし強い大人がそれを取りあげ、その食料券を麻薬と交換し、そしてスラム街に麻薬が蔓延するという悪循環に陥っている状態です。

またそのスラム街では黒人の子供が銃で殺されるという事件も良く耳にしていました。
今では少しずつでも改善されているようですが、まだまだこのように治安が悪いスラム街はアメリカ本土でたくさん存在しています。

経済大国アメリカではこのような黒人の子供達だけではなく、とても貧しい暮らしをしているメキシコ人、中国人などが群がって暮らしています。

わたしは実際に目にしましたが、6畳1間というとても狭い環境にメキシコ人の家族が大勢ところ狭しと生活もしていました。
中国人も同様です。
とても衛生的に綺麗とは言えない環境で生活をしている方々も大勢います。

あなたは食べ物が無いからゴミ箱をあさる経験をした事があるでしょうか?
明日の命も危うい状況に陥っているでしょうか?

世の中には国全体でゴミをあさっている場所もあります。
日本はそんな所でしょうか?
日本がそんな所だったら、わたしは即刻こんな英語学習サイトの作成なんて止めています。

食べ物を見つけようと皆に問いかけているでしょう。

何よりもまず食べ物を見つけなければならない国々・人々が実は本当に世の中には多いのです。
場合によってはアフリカ難民のように何の意志も持たずに生後数時間で死んでいく子供達もたくさんいます。

少し悲しい話を書きましたが、あなたには今英会話マスターしている環境がいかに凄いことなのか理解して欲しいのです。

全ては英会話をマスターする為の「英会話マスターのモチベーションプレイス」を作る作業の為ですが、あなたのような本当に恵まれている環境があるからこそ英会話マスターを目指せるのです。

あなたが「日本人」であることは凄いことなのです。

凄く稀な確率で「日本人」なのです。
そのことをしっかり思いながら、感謝する心を身につけて下さい。

 さぁここからが実践です。

あなたの英会話マスターにおける感謝できる部分は何ですか?
両親への感謝?お世話になった人?日本人であること?


英語で書く必要はありませんので、リラックスした気持ちで書いてください。
先程も述べましたが、それで涙が出る状態になっても全く構いません。泣くという行為が感謝の心を知る事を加速させますので・・・・(無理に泣けと言ってるわけではありませんからね)


サブコンテンツ

このページの先頭へ