何度聞いても英英辞書で調べてもわからず先にすすめないあなたへ

 これは音楽の特性や歌手によっては独特な言い回し、表現をあえて使っていますので過敏になる事はありません。

例えば日本で言えばサザンオールスターズなどはその部類です。

また音楽という特性からそのような発音になる場合があります。

例えばかなり昔の曲で申し訳なのですが、織田哲郎という歌手をご存知ですか?
ポカリスエットの宣伝で使われていた曲で「いつまでも変わらぬ愛を」という少し売れた曲があります。
このサビの部分ですが、昔私の知人がこのように歌っていました。

友人は、「いつまーでも変わらないーよ」と歌っていましたが、正しくは「いつまーでも変わらぬあーいを」をです。

これは確かに友人が間違えたようにも聞こえますし、正しくも聞こえます。

口語表現で「いつまでも変わらぬ愛を君に届けます」という時に正しい歌詞で「いつまーでも変わらぬあーいを君に届けます」と言ったら不自然ですよね。

その差がある為に音楽の特性でそう聞こえるケースがあります。

ただしこれで慣れておくと口語表現が非常に楽に聞こえます。

例えば・・・
What have you been up to?(今まで何してた?)

これは人によってはワッチャビーンアップトゥ-と聞こえますし実際に砕けた場所ではそう発音します。

これをホワット ハブ ユー ビーン アップ トゥーとはあまり言いません。

このワッチャの部分が要するに What have you の事です。
この辺の発音ははっきり言うと慣れです。

それ以外にも(覚える必要はありません)・・・・・
実際はGoing to(ゴーイング トゥー) ⇒口語表現ではGonna(ガナ)
実際はWant to (ウォント トゥー)⇒口語表現ではWanna(ワナ)
実際はHave got to (ハヴ ガット トゥー)⇒口語表現ではGotta(ガッタor ガラ)
実際はCould you(クッドゥ ユー)⇒口語表現では(クッジュ)
実際はWould you(ウッド ユー)⇒口語表現では(ウッジュ)
実際はCould have(クドゥ ハヴ)⇒口語表現では(クダ)

このように音楽の特性と口語表現はまた違いますが、慣れるとこの特性や口語表現でもスイートスポット(この後のステップで登場します)が強く言われすぎてその後に続く語の音が消えるケースなどが感覚で分かってくるようになります。

音の強いスイートスポットに焦点をあてて聞いて行くと次第に慣れて来ます。
次のステップで発音の際に出てきますが、このスイートスポットへ意識を集中するとリスニングも次第にそのような傾向が出てきて独特な言い回しへの対応が次第に出来てきます。

そして自然と出てくる感情として・・・・

本物の歌詞をみて答え合わせをするケースです。
間違って欲しくない認識として英会話はテストではありません。
例えば先 in などや他の前置詞など間違えていても大丈夫です。

大切な事はそれを聞いていて、話していて、書いていて、読んでいて、見ていて、自分で間違いに気付く事が自然と訪れるかという事なのです。
これには英英辞書から作られる英語脳、聞く、話すというプロセスが必ず必要です。

"正解"にこだわると途端に受験勉強モードに入ります。
これは日本の受験環境や勉強方法が大きな要因だと思うのですが、気持ちは分かります。

ただし言葉は本来、受験という枠で捉える事自体私はおかしいと思うのです。
日本語を話していても間違って認識している事、間違って喋ってしまう事って結構ありませんか?

ましてや母国語ではない英語です。
英英辞書をしっかり多用する、聞く⇒書く⇒読む(歌う)という基本プロセスを英英辞書と共に歩んでいれば問題ありません。

もし間違っていても必ず間違っている自分に気付きます。

しかしどうしても”正解“を探したいという認識が出てしまい、精魂尽き果ててしまい歌詞と付け合わせをしてすっきりしたい場合は以下の事を守ってくだされば結構です。

 先ほど実際の歌詞は見ないで下さいと言いました。

しかし精魂尽き果てて、ストレスが溜まり、脳がロックされ前に進めない状況になった場合よりはとにかく前に進んで欲しいという想いで書いています。

これは多くの実践者からも効果的だと報告があった方法です。
まず本物の歌詞を 3 回か多くても 5 回以内見て歌と一緒に歌詞を追ってみてください。
(必ず暗記はしない、歌わないという状態で流すように歌詞を追いかけるだけです)

その後実際の歌詞は何処かにしまい込んで下さい。

そして 3 日間~5 日間程、選択曲から完全に離れてください。
その間一切聞かないようにして下さい。

時間を無駄にしたくないので、その間は先にステップ3(発音の部分です)を進めて下さい。

そして再度実際の歌詞は見ずに聞き取り・歌詞作成を行ってください。
以前よりははるかに聞き取りやすいはずです。

その時以前に自分が書いていた歌詞は何処が違うのか、また違っていたところは改めて英英辞書で調べるようにして下さい。

それでもまだ歌詞作成が不十分で不満だという場合は、完全に選択曲から離れる期間をもっと少なくして下さい。

例えば3日間空けていた場合は、1日にする。
1日空けていた場合は、数時間にするなどです。

このようなやり方になっても絶対に守っていただきたい事は・・・・

実際の歌詞を丸写しする事だけは絶対にやめてください。
必ず自分の力で歌詞作成を完成させてください。

そして歌詞作成が終了しましたら、次の法則⑤のやり方に沿って思いっきり歌ってみてください!

英会話はテストではないのです。
生身の言語です。
間違いを恐れずにトライしてみて下さい!


サブコンテンツ

このページの先頭へ