管理人の英語ダメっぷりを公開 いろいろな英語教材に挑戦して失敗する日々

 わたしは今でこそ英会話を自在に操れますが、当時は本当に凡人中の
凡人でした。
わたしの凡人ぶりを確認して下さい。

 わたしの英会話マスターにおけるネガティブな部分はこんな感じでした・・・・・

ネガティブ出来事①
「英語は聞き流すだけ」で本当に聞き流していました。
英語耳にはなりませんでした・・・・・

ネガティブ真相①
「英語耳という言葉に翻弄されていたのかも知れません」
今でこそ分かりますが「英語は聞き流すだけ」が通用するのは幼少まで海外生活していた方々です。
赤ちゃんでもない限り、色々な事を考える大人の脳には聞き流すだけでは無理だったのです。
また四六時中英語漬けの日々を送れる環境だったら別だったかも知れません。
しかし、わたしの環境は生粋の日本語環境でした。

ネガティブ出来事②
「英語が口から自然と出てくる」を信じましたが、自然と出てくるのはいつも日本語でした・・・・・

ネガティブ真相②
英語が口から自然と出てくるなんてやっぱりあり得ませんでした。
そもそも本当に自然と出てくる状態は何も考えない幼少の頃に英語環境にいて成せる技だったと感じています。
英語耳になる場合もそうですが、周りの環境・特に幼少期の環境というのは大きな要因があると思います。

ネガティブ出来事③
○○日マラソンなるもの、根が怠け者のわたしには継続できませんでした・・・・・

ネガティブ真相③
教材自体は良いのかも知れませんが、非常に長い期間が必要だった為に英語を特に心から愛していない・好きではないわたしには継続できませんでした。

ネガティブ出来事④
英語耳になれると信じてクラシック音楽と英会話の融合を必死に聞きましたけど、いつも眠ってしまいました・・・・・

ネガティブ真相④
今はあるのか分りませんが、当時、クラシック音楽というのは英語の波長音と非常に似ているというふれこみで、クラシック音楽と英語を同時または違うタイミングでかけている教材を買いました。
データも示されており、英語の波長音段階?のような数字とクラシック音楽の波長音段階?のような数字がほとんど一緒だったのです。
信じて何回も聞きましたが眠くなってしかたがなかったのです。
継続はできませんでした。

ネガティブ出来事⑤
「12日間で英語耳、マ○ック○○ニング」、おおーこれは怠け者にはぴったりだ!と意気込んで過ぎた13日目のわたしの耳は普通でした・・・・・・

ネガティブ真相⑤
これはヘッドフォンとセットでかなり高額な買い物でした。
ヘッドフォンから右脳や左脳を刺激するべく別々に音が流れてきたりとなかなかすぐれものかと最初は思ったのですが、何日たっても英語耳にはなりませんでした。やり方がまずかったのですかね・・・・・


サブコンテンツ

このページの先頭へ