英語を勉強するために洋楽を聞いている方へ!歌うときのポイント

 法則⑤:1曲の歌う方法

それではいよいよ聞く→書く→歌うの最後です。
本格的に歌う時がやってきました!

ファーストステップでの3つの法則はしっかり継続して見ていますか?
1曲の選択は基準を守っていますか?
その曲をしっかり集中して聞きましたか?
集中して聞きながら書き取りも行いましたか?
書き取りをした際に英英辞書で例文や単語の意味を別冊のノートに書き取りましたか?

しっかりステップを守って実践して下さい。
それではセカンドステップの最後になります。

あなたには先程の法則④で書いた歌詞を手元に用意してもらいます。

そして今度はあなたが書いた歌詞を見ながら歌ってもらいます
(既に見ている方も含めてです)。
よろしいですか?

先程のステップでは歌詞を見ながら歌を聞くことは最悪なことだと伝えました。

この法則⑤では歌詞を見て構いません。
ただしあなたが書いた歌詞です。そして発音は英英辞書などに記号が書いてありますのでそれを参照しながらあまり発音の上手い・下手を気にせずにとにかく歌詞を見ながら歌ってください。

ここでポイントが2つあります。
ポイント①:大きな声で歌う
ポイント②:大きな口で歌う

近所迷惑にならない程度に大きな口を開けて、大きな声で歌ってください。
恥ずかしいかも知れません。
恥ずかしいと思ってはいけないとわたしは言いません。

なぜならわたしは恥ずかしかったからです。
その時はファーストステップのネガティブを受け入れるパートに追記して下さい。

わたしは追記しました。
しかし大きな口を開けて大きな声で歌うことには非常に効果があります。
小さい声で普段は喋っている人が突然大きな声を出すことにはかなりの抵抗があります。

これから英会話マスターになるあなたがいきなり蚊の鳴くような声で英会話をしていては、せっかくマスターしても相手が聞き取れずに、あなたはそれだけで「やっぱり自分の英会話は駄目なんだ」と自信を失うかも知れません。

実際にそのような例はたくさんあります。
自信の無さから英語は合っているのに小さい声だった為、外国人が何度も聞き返してきて自信喪失した方々を多く見てきました。

日本語で話していても小さい声の人は聞き取りづらい事がありますよね。
それと一緒です。
わたしもそうでしたから気持ちは分かります。しかしここでは1人です。

 なんの躊躇も無く、予行練習だと思って大きな口で大きな声で発音の上手い下手は関係なく、モノマネするつもりで実践して下さい。

それでは歌う手順をあなたにお伝えいたします。
この手順はしっかり守って歌ってください。

歌う手順1セット
手順①:イヤホンをつけない状態(ステレオのスピーカーから音が出ている状態)で歌う
手順②:イヤホンを両耳にセットして歌う
手順③:イヤホンを右耳だけにつけて歌う
手順④:イヤホンを左耳だけにつけて歌う
手順⑤:イヤホンを右耳だけにつけて歌う
手順⑥:イヤホンを左耳だけにつけて歌う

必ずこの手順を守ってください。

それぞれには意味があります。
手順④まではやってみると分かりますが、それぞれの手順で自分の英語の歌の聞こえ方が違ってきます。
この聞こえ方が違うところにポイントがあるのです。

また手順⑤、⑥については手順③、④の繰り返しになりますが、片方の耳から原曲が聞こえて、片方からはあなたの声の歌が聞こえてきます。

この状態は比較・モノマネをするのに非常に効果的です。

以上の6つの手順を1セットとして考えて大きな口で大きな声で歌ってください。

原曲に自分の歌(上手い下手は関係ありません)がかなり近づいてきたと感じたら次のステップに移ってください。

個人差はありますが、目安として10セットは最低行ってください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ